Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの手話通訳派遣拒否処分について

原告は,娘さんの専門学校入学に際し,再び手話通訳の派遣を高松市に要請しました。
しかし,高松市は,再び手話通訳派遣拒否処分を行いましたので,みなさんに報告です。

以下は,「高松市の手話通訳派遣を考える会」のニュースの抜粋です(氏名がわかる点等は改変してあります)。。


「3月26日に、原告の娘さんの専門学校の入学式に出席するために再び、高松市に手話通訳派遣を依頼しましたが、3月30日に却下されてしまいました。その理由として、『高松市外である』と、『通訳内容が市長が特に必要と認める程度の客観的な重要性に乏しいため』と挙げられていました。
 このことから、高松市は考えを改める気がないことがはっきりと分かりました。オープンキャンパスの保護者説明会に続き、入学式までも通訳を却下するということです。もし、不服申立や裁判を起こさなかったら、このまま泣き寝入りすることになっていたと思います。通訳を必要としているのに、行政の判断で情報の必要性を決められるのです。果たしてこのままでいいでしょうか。
 それだけではありません。高松市は前例がないからとペットが病気になったから、病院に連れて行きたいと依頼しても、眼鏡を買いたいと依頼しても筆談で対応すれば良いと手話通訳派遣を認めてくれません。情報を求めているのに、それを必要ではないからと言われるのはどうでしょうか。
 原告は弁護団と相談し、4月6日高松市に対し却下処分を取り消しを求め異議申立を行いました。
 しかしこの異議申し立ても『高松市外であること』『通訳内容が市長が特に必要と認める程度の客観的な重要性に乏しいもの』また義務教育とそれに準ずる高校等に関する以外のものであり、
運用基準の『社会生活上必要不可欠な用務』に該当せず、決定は相当であり、違憲・違法な点はないとし、異議申立は棄却されました。」


弁護団では,この件も併せて提訴すべきではないか,検討しております。

前回のオープンキャンパスについての通訳派遣拒否処分の理由の中には,「入学すると決まったわけではないので,オープンキャンパスに行く必要性が乏しい」という趣旨のものが含まれていました。
しかし,今回の処分では,「入学式」であるにもかかわらず,やはり通訳の派遣が拒否されています。

高松市としては,たとえ当該専門学校に行くことが決まっていたとしても,やはり,市外には,義務教育でない専門学校には,手話通訳を派遣する必要がないと考えています。

我々弁護団は,手話通訳の派遣を市内に限定する制度運用のあり方を変えるため,活動していきます。
スポンサーサイト

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yskfujii

 このブログは、高松市手話通訳・市外派遣拒否 訴訟弁護団の
ブログです。訴訟の経過やイベントなど、弁護団の活動を、この
ブログを通じて随時発信していきますので、よろしくお願いします。

手話通訳派遣制度、弁護団の詳細については、
こちらの記事をごらんください。
→http://syuwatsuyaku.blog.fc2.com/

また、弁護団ブログについてのお問い合わせは下記までお願いします。
ysk.fujii0211@gmail.com

Extra

プロフィール

yskfujii

Author:yskfujii
 このブログは、高松市手話通訳・市外派遣拒否 訴訟弁護団の
ブログです。訴訟の経過やイベントなど、弁護団の活動を、この
ブログを通じて随時発信していきますので、よろしくお願いします。

手話通訳派遣制度、弁護団の詳細については、
こちらの記事をごらんください。
→http://syuwatsuyaku.blog.fc2.com/

また、弁護団ブログについてのお問い合わせは下記までお願いします。
ysk.fujii0211@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。